震災復興支援活動

釜石鵜住居復興スタジアム工事安全祈願祭助勢

image1

日時 平成29年4月27日午後2時より

場所 旧鵜住居小・釜石東中学校跡

 

斎主

鵜住神社宮司 花輪宗嗣

 

助勢者

谷藤書記、菅原地区委員

 

12時50分に鵜住神社に集合の後、所役を決め会場へ移動。会場内にて施工側の司会の方と打合せをし習礼。

 

2019年ラグビーワールドカップにも使用予定の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)整備工事安全祈願祭を鵜住神社 花輪宗嗣宮司斎主のもと、斎行した。

祭儀には釜石市長を始めラグビー関係者、地元関係者、工事関係者また鵜住居小学校児童会長、釜石東中学校生徒会長など約100名が参列した。

祭儀では花輪宮司が祝詞奏上、菅原地区委員・谷藤書記が切麻散供の後、釜石市長や児童会長、生徒会長など16名が一斉に鍬入れ。

関係者から盛大な拍手が上がった。

 

このスタジアムが復興を更に後押しする促進力になる事を願わずにはいられない。

image2

神社庁気仙支部 東日本大震災物故者慰霊祭助勢

東北沿岸部を中心に未曾有の被害をもたらし、多くの命が失われた東日本大震災の発生から6年。この慰霊祭は神社庁気仙支部にて毎年斎行されており、本年は陸前高田市広田町の広田漁港を斎場とし、当会に於いて参列、奉仕の助勢をさせて頂いた。
気仙支部の皆様と時間を合わせ現地に八時に集合し、斎場の設営や参列者への撤下品の準備、祭儀の習礼を行った。
11時から始まった慰霊祭は、気仙支部員によるご奉仕のもと、約150名もの参列者と共に厳粛に執り行われ、犠牲になられた方々の御霊に御冥福をお祈り申し上げた。
祭儀では、高橋副会長が青年会を代表し玉串奉奠、榊原地区委員は祭員、菅原(正)地区委員・駒形地区委員・菊池書記は伶人奉仕、花輪地区委員は撮影係、奥山会員は参列をして助勢した。
慰霊祭終了後、荒木支部長や今回の会場である地元の黒崎神社の総代よりあいさつを賜った。
片付けを終え広田公民館に移動し、そこで気仙支部の皆様と昼食をともにし、荒木支部長より「これからも慰霊祭は続けていくので、また青年会には手伝いをお願いします」との言葉を頂戴した。
本年も強風の中での斎行となったが、今までの経験を活かし祭具が風で飛ばないように工夫するなどして無事に慰霊祭を終えることが出来た。

 

【復興支援活動】(一社)神社音楽協会主催復興支援演奏会助勢

 10月17日、一般社団法人神社音楽協会主催による東日本大震災復興祈願祭が大槌町の小鎚神社(松橋知之宮司)に於いて執り行われ、震災復興支援事業として助勢活動を行った。
 13時に同神社に集合し、駐車場整理や参列者の案内、チラシ配布等を行い、15時からの復興祈願祭に参列。祭儀に於いては、復興祈願と今回の神楽奉納の旨が奏上された後、宮司、神社役員、神社庁、神社音楽協会、上閉伊支部の各代表が玉串を奉り、参列者と共に復興への祈りを捧げ、祭儀後には神社音楽協会より岩手県神社庁へ震災の御見舞金が贈呈された。
引き続いて拝殿で①榊舞(2名) ②浦安の舞(4名) ③悠久の舞(4名)が順次奉納され、参列者の方々は、普段中々見ることのできない優美な舞に深い感銘を受けていたようだった。
17時に音楽協会の皆様をお見送りし、解散となった。

 

1 / 3123