活動報告

平成28年度定時総会並びに会員懇親会開催 H28-5-17

5月17日、岩手県神社庁二階大会議室にて、平成28年度岩手県神道青年会定時総会が開催された。16時定刻に神殿拝礼の後開会が宣言され、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和と続き、菅原会長が「昨年一年間の総括と、今年度の計画を慎重審議頂きたい。また今年は参院選、国体に関わる奉送迎活動等、皆様に協力をお願いすることも多いと思うが、ぜひ積極的にご参加を頂きたい」旨、挨拶を申し述べた。来賓挨拶では藤原庁長様から「参院選に注目しているが、改憲は正直難しいと言わざるを得ない。こちらが正論を大上段からぶつけても、野党は戦争法などのレッテル張りで、主婦層そして今回選挙権が引き下げられた18才の方々始め若い方々を取り込んでしまう。野党を「なるほど」と思わせるところから切り崩していかなければならないのではないかと考えている。アメリカ大統領選はトランプ氏の勢いがあるが、彼は自分の国は自分で守るという当たり前のことを言っているだけ。もしトランプ氏が大統領に就任した時のプランを練っておくことが日本には必要ではないか。青年会活動にはとても期待しているが、いつも同じ顔ぶれだ。一年に一度の総会だけでも出て来て酒を酌み交わす雰囲気作りが必要ではないか。楽しい青年会活動を展開して欲しい。」との挨拶を賜った。続いて多田常任委員が議長に選出され、6、その他に神道青年全国協議会熊本地震第一次復興支援活動報告の件が追加された以外は全て原案通り拍手をもって可決された。総会後は新入会員の紹介があり、志賀理和気神社の田村寛仁会員から挨拶を頂いた。また熊本地震の募金箱も設置され、6万円ほどの義援金が集まった。心よりの感謝を表する次第である。
菜園の「ねまる」を会場に開かれた会員懇親会では、来賓に岩手県神社庁参事新山敏彦さま、そして田中真一様を迎え、賑やかに開催された。特にも田中真一さまには親しくご挨拶頂き、「私の役目は皆様からの声を国政に届けることにある。我が国のことを一番勉強されているのは神職の皆様である。皆様に沢山意見を頂いて勉強させて頂きたい。」との御言葉を頂戴して、会員一同身の引き締まる思いであった。

第6回役員会並びに岩手護國神社清掃奉仕活動 H28-4-24

恒例の岩手護國神社清掃奉仕では、桜花爛漫の晴れやかな春晴れのもと草取り作業を行った。やはり護國神社には桜がよく似合う。一年間の清掃奉仕に英霊がお応え頂いたような天候に感激しつつの奉仕作業であった。
役員会では報告事項において、東北六県役員会の結果禊錬成会が6月15日~16日の日程で、また親睦事業が10月25日~26日の日程で行われることになったこと、また先般の熊本地震物資支援活動について、お預かりした物資が22日に無事水天宮に搬入されたことなどが報告された。協議事項に於いては主に来たる5月17日に開催される定時総会の資料の精査が行われ、活発な質疑、訂正案等が出され、より質の高い総会資料とすることができた。また親子禊についても協議が行われ、まだ開催したことの内支部での開催を目指すことで意見の一致を見た。その他においては、通信費の削減を見込んで、今現在役員のみメーリングリストにて各種案内を送付していたものを、会員にまで拡大して行いたい旨提案があり、各地区委員に会員のメールアドレスを収集するようお願いがあった。各委員会からでは、事業委員会からは事業頒布品の未収金があるとの報告があり、事業委員だけではなく会全体として回収作業を進めていくとの結論に達した。広報委員会からは五月中をめどにホームページ所有神社へ、青年会HPへの掲載の可否並びに相互リンクのお願い状を発送する予定であるとの報告があり、また、役員インタビューへのご協力についてお願いがあった。時局対策委員会からは、今夏の参院選にむけて、田中しんいち候補からゴールデンウィーク明けより活動を開始するとの連絡を頂いた旨報告があり、最初の活動として事務所の移転引っ越し活動を予定しているとのことであった。

懇親会は菜園の「ゆ家」で行われ、満開の桜へ思いを馳せつつ、今が旬の行者ニンニクやわらびの天ぷらのサクッとした食感と山菜特有のほろ苦さにほっぺたが落ちそうになりながらビールを流し込み、その後に出された刺身や鶏肉料理などにも舌鼓を打ちながら参加者一同大いに懇親を深め合った。

東北六県神道青年協議会東日本大震災物故者慰霊祭

例年、東北被災県、岩手、宮城、福島3県での持ち回りで開催されている東北六県神道青年協議会主催の「東日本大震災」物故者慰霊祭が宮城県石巻市で行われた。今年度は当県藤原議長が斎主、菅原会長が祭員として奉仕した。

石巻の町並みは、真新しい施設や工場、市場などがたくさん増えてインフラも震災当初に比べてはだいぶ整ったように伺える。
しかし、被災者の心にはに「あの時の記憶」として震災後遺症が根深く残っているように思え、「復興へ向けて全力で」というのは被災者に対し少し重荷ではないかとも感じた。

この日の石巻はいつにも増して交通量が多く、渋滞も各所で見受けられた。
我々神社界に留まらず色々な団体が、様々な形で慰霊や追悼を行っていたようである。
神職という立場で「祈る」だけでなく、「祈り『続ける』」ことを、何年経とうとも気持ち新たに行っていきたい。