活動報告

志賀理和氣神社宮司田村勝則様県議選挙に拘わる時局支援活動を振り返って

志賀理和氣神社宮司田村勝則様県議選挙に拘わる時局支援活動を振り返って
時局対策委員長 鈴木 都宏


 先ず以て、田村勝則先輩におかれましては、先の県議会議員選挙におかれまして、見事に当選の誉れを得られましたこと衷心よりお祝い申し上げます。
 さて、この度の青年隊活動は八月十八日から九月三日迄の約二週間、総勢四十名での支援活動となりました。活動内容と致しましては、ポスティング・後援会入会者への電話依頼・選挙遊説後方車運転やアナウンスなどの活動をさせて頂きましたが、昨年経験させて頂きました衆議院議員選挙とは違い、地元密着選挙でもあり又、神職として初の県議会議員誕生と言った偉業達成も兼ねておりましたので、我々青年隊は選挙スタッフの方々と一致団結し、田村勝則先輩を「県政へ」の言葉を胸に微力ながら活動させて頂きました。
 開票当日は、会場に設置されたテレビを皆さんでかじりつくように見ておりましたが、当確の吉報が入った時の盛り上がりは、今も脳裏に焼き付いております。田村勝則先輩におかれましては、もう既に県議としての公務を始められていることと存じますが、神職と県議両方を全うする為にもお体には十分にお気を付けいただければと思うところであります。
 結びに、時節柄社務ご多用の折に支援活動にご協力頂きました青年隊の皆様に、厚くお礼を申し上げ結びとさせて頂きます。本当にお疲れ様でした。

 

岩手護國神社戦没者追悼平和祈願祭助勢活動

 

 平成27年8月15日。終戦70年の節目の年に、岩手護國神社では天皇陛下よりの幣帛を賜り戦没者追悼平和祈願祭が執り行われ、岩手県神道青年会でも英霊に誠を捧げるべく助勢活動を行った。

 朝から雨が降り天候が心配される中、8:30に盛岡八幡宮社務所に集合し、説明を受け準備作業に移る。準備作業に移るやいなや雨が上がり、スムーズに準備作業を行うことが出来た。大前に神饌を供え、社殿の扉を外し、椅子を並べ、旗を揚げ、祭場を補設し、受付の机や椅子を並べ、習礼を綿密に執り行う。一通り準備作業が終わった後、受付にて神道青年全国協議会並びに岩手県神道青年会よりの玉串料をお渡しし、時間まで待機。11:00から各自随時手水を取り、11:45分に菅村副会長の先導の元参進開始。修祓の後天皇陛下のお言葉を拝聴する。献饌の後天皇陛下よりの幣帛及び本庁幣をご神前にお進めし、宮司が祝詞を奏上した。祝詞奏上終わって、英霊にこたえる会岩手県本部会長が祭文を奏上し、火焚神事に移る。菅原会長が陰灯を手に持ち、拝殿前の火焚串に点火。祭員の大祓詞が響き渡る中参列者が残りの火焚串をくべ、それぞれの祈りを捧げた。火焚神事の後は、宮司以下参列者が玉串を奉りて拝礼。神饌を撤して納めの一拝を行い、無事祭典を終えることが出来た。

 昼食を頂いた後は片付けを行う。片付けの最中にわかに雨が降り始め、テントは足を下げるのみとしたものの、椅子や旗などは無事片付けることが出来た。祭典中に雨が降らなかったことは奇跡に近く、御英霊のご加護を感じずにはいられなかった。

この貴重な機会を与えて下さった岩手護國神社様には、心よりの感謝を表したいと思う。また祭典中の写真を提供下さった澤目権禰宜さまにも感謝申し上げる次第である。

第6回親子禊錬成会開催

 27名の児童の参加のもと、8月11日(火)、第6回を数える「親子禊錬成会」が岩手県神社庁・岩手護國神社・そして簗川を会場に開催された。新山参事様を来賓に迎え、開講式を執り行い、早速護國神社へ参進し正式参拝を執り行う。修祓の後菅原会長と児童代表が玉串を奉って、70年前へ思いを馳せた。

神社庁へ戻り、第一講は当会副会長の菅村孝一郎先生より「日本の神様について」と題してお話を賜った。菅村先生は、神話をひもときながら、いかに回りの目に見えない神様に”生かされているか”に気づき、感謝の心を持って生活して欲しいと語りかけていた。第二講では当会常任委員の千葉浩之先生が「護國神社の神様」と題してお話し、先に参拝した護國神社に祀られている神様がどのような御存在か説明し、今の平和な日本があるのは御英霊のお陰であり、感謝の心を忘れてはいけないと締めくくった。

第三講はお待ちかねの「禊」。引き続き千葉先生が担当し、ただの水遊びではなく、心と体を綺麗にする為の方法だとご説明頂いた後、着替えをして簗川に移動。鳥舟行事などを行ってから川に入り、水の流れが若干速く足を取られる姿も見られる中、立派に禊を執り行うことが出来た。今回初めて道彦を努められた千葉さんには、大変ご苦労様でした。

禊でお腹がすいた後は、会員手作りのハヤシライスでお腹を満たす。隠し味にワインを用いた谷藤書記の絶妙な味付けに子供・会員一同無言でスプーンを口に運ぶ。満腹になった後は、腹ごなしのレクリエーション。花輪地区委員の担当の元、水風船をバケツに投げ入れたり、水風船を割らないようにキャッチボールをしたり、大きなシャボン玉を作ったりなど、各自大いに楽しんでいた。最後は花輪さんをめがけて水風船の投げ合いが始まり、水もしたたるいい男となった花輪さんも、とても楽しそうだった。夏らしさ満点のかき氷やスイカにも舌鼓を打ち、子供達の歓声響き渡る中レクもお開きとなった。レクが終わった後は閉講式を執り行い児童一人一人に修了証を手渡し、来年の再会を誓って解散となった。

会場をお貸しくださった神社庁様、岩手護國神社様には大変有り難く御礼申し上げます。当日の運営にご協力頂いた会員はもちろんのこと、準備等にご尽力頂いた皆様には心より感謝申し上げます。